生活の質を劇的に上げるモノ・コト

【要約】「ベストパートナーになるために」夫婦、カップル、必読の書。

こんばんは!

 

突然ですが、皆さんは自分より大切な存在はいますか?

 

友達や家族、彼氏、彼女、奥さん、旦那さん。

人それぞれ、色々な大切な存在があると思います。

 

今日はその中でも、恋人や結婚した相手、パートナーとうまくいく魔法のような方法をお伝えします!

 

男性と女性の違いって永遠のテーマですよね…。

 

そこで! (?)

 

今回はジョン・グレイ氏著、「ベスト・パートナーになるために」を要約させていただきます!

 


ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

この本を読むことで得られる効果は

 

1.男性と女性の本質的な違いを理解することができる

 

2.男性と女性、両方の心理を知ることで必ずうまくいく方法を学ぶことができる

 

3.二人の愛を今よりももっと深めるための方法を知ることができる

 

ということです。

 

今回の記事は、「1.男性と女性の本質的な違いを理解すること」が目的です!

 

僕にとって、妻は本当に大切で文字通り太陽のような存在です。

 

そして、自分自身もそうでありたいと思っています。

 

もともと女性が苦手で避けていたので、妻と付き合って結婚するまでは、まあそれは喧嘩しまくり小池さんでした。

 

(ラーメン大好き小池さん的なね!シャ乱Qの歌です。)

 

しかし!!この本を読んで喧嘩は激減!

 

二人の関係性は前よりももっと深くなりました。本当です。

 

それは、お互いが意思をもって行動したからです。

 

このまとめを読んでくださった方が、奥様や旦那様、もしくは彼女、彼氏にうまく対応してどんどん笑顔が増えていけばいいなぁと思っています。

 

恋愛がうまくいくには、恋愛の本質を知らなければなりませんよね。

 

それでは、さっそくいってみよー!

 

【要約】「ベストパートナーになるために」夫婦、カップル、必読の書。

「男は火星人、女は金星人だった「」

 

そう考えてみましょう。

 

私たちはもともと別の星にいたのに今はその記憶がなく一緒に地球で暮らしているということです。

 

「おいおい、いきなりやばい話?」

 

違います、どうか先まで読んでください。

 

つまり、男女の仲とは

 

お互いが根本的にまったく異なった人種だと心得ておかないとうまくいかないのです。

 

私たちはお互いにまったく違う存在なんだ。と真に思えてはじめて、お互いの違いを受け入れて尊重できるうになるのです。

 

この事が理解できないと何も始まりません。

 

自分と同じ生き物だと思っているから、自分にするように相手に対応して喧嘩になるのです。

 

自分と同じ生き物だと思っているから、すれ違うのです。

 

とにかく、男性と女性は生き物としてまったく別物だという考えを持ちましょう。

 

そこからがスタートです!

 

【要約】「ベストパートナーになるために」:男性と女性の違い、本質的な違いとは?

そもそも男性と女性は性質からして全然違いますよね。

 

男性は

 

厳しさや無骨さがあり、どちらかというと少し堅苦しくて角がある言動をとります。

 

物事に対しても情熱や感情的というよりかは論理的にクールに対応する人が多いのではないでしょうか?

 

女性は

 

人にもよりますが、比較的穏やかでやさしい性質。柔軟で協調性がある、人当たりがよい、感情的であり情を込めることができる

 

という面があると思います。

 

あ、僕は特にどちらかを優位に言っているわけではありません。

 

性質や特徴としてわかりやすくしているだけですからね。

 

違いがあるからこそ、私たちはお互いの欠けている部分を補うことができます。

 

同じような存在ではないからこそ、補い合えるし、時は全っ然理解できないわけです。

 

そんなことわかってるよ!」と思いますか?

本当に違いをわかっているでしょうか?

 

では詳しく一緒に考えていきましょう。

 

【要約】「ベストパートナーになるために」:男性は女性を、女性は男性を知る必要がある

女性は、

 

「私にはあなたが必要です。あなたがいることで人生はより良く輝くし、あなたと一緒にいることでとても幸せになれます。」

 

というメッセージを、無言のサインで表情や態度として相手に送ることができる存在です。

 

そして、そのメッセージが男性の

 

「この人にアプローチしよう!」

 

という自信をあたえ、密かに抱いている「一人の女性をちゃんと愛し続けられるだろうか?」という恐れを消しさることができるのです。

 

しかし、付き合いだして慣れてきたり、トラブルが起きると、女性はとても大切で強いメッセージを送ることを忘れてしまいます。

 

一方

 

男性は、

 

恋に落ちると自分のことよりも、女性のために行動したいと思います。

 

男性は恋に落ちると、自己中心的な自分から抜け出し自信をつけておおきく変わることができます。

 

男って、「この人のためなら!!」とすんごい頑張りますよね?

 

相手が喜ぶようなデートプラン考えて、喜びそうなプレゼント調べて、気に入られるように服装や髪型にも気を遣って…

 

 

しかし、それが叶わないとなると、一気にまた自己中心的な自分に舞い戻ってしまいます。

 

男性は、女性が満足していることを実感すると自分も満足しているように感じられる生き物です。

 

相手の幸せが自分の幸せのようになるのです。

 

男性の本質は、自分から愛情を分け与えるということに餓えているということです。

 

しかし、僕たち男は

 

・愛情を与えることに餓えているということ

 

・自分の父親が母親に対してそのようなことをして成功している場面を目にしたことがない

 

 

という理由からこの事実に気づかないまま多くの人が過ごしています。

 

 

男性は、自分の力が相手によい影響を与えていないと感じると、その人との人間関係や生活を続けられなくなります。

 

男性は、誰かに必要とされることが重要なのです。それがやる気を奮い立たせることなのです。

 

女性の皆さん、↑上のことをよく覚えてくださいね!

 

 

女性は

 

言葉にできない孤独感で憂鬱な気分になります。

 

多くの男性は、

 

性は誰かに愛情を注がれ、支えられている、愛されているのだという実感を持つことがとても大切

 

ということをわかっていません

 

(偉そうに書いていますが、僕もぜんっぜんわかってませんでした(笑))

 

女性は、その愛されているという実感を感じられたときに幸せを感じます。

 

 

奥様や彼女と長く付き合っておられる男性ならわかると思いますが、多くの場合女性が落ち込んだときに求めているのはパートナーとのスキンシップです。

 

女性は、いつも大切な人から愛され、大切に扱われていると実感したいのです。

 

辛いときに、話を聞いてもらい、理解してもらい、「大丈夫だよ、心配ないよ」となぐさめてくれ、味方してくれる存在を求めています。

 

でも、男はあほなんで(誉め言葉です)

 

そういったことには気づきません。

 

気づかないばかりか、自分がそうだからほっといた方が相手にとって楽だとか思ってしまいます。

 

もしくは、自分がそうだから、解決策をバンバンいって話を聞いたつもりになってます。

 

男性の皆さん!!

 

これ本当にものっすごい重要なことなので覚えていてください。

 

つまり、僕たち男性陣は、間違った理解、間違った対応をしているのです。

 

相手の本質を知らないでうまくいくわけありません。

 

本書の言葉を借りると

 

男は与えることを学び、女はそれをいかに受け入れるかを知る必要がある

 

ということです。

 

【要約】「ベストパートナーになるために」:男性が恐れる「挫折」とは?

男性は、

 

相手から信頼されているという実感を得る必要がある生き物でしたね。

 

もっとも恐れていることは、「自分は彼女にふさわしくないのでは?」ということです。

 

男性は、しょっちゅう与えることに臆病になります。

 

なぜなら、他人に何かを与えるという能動的行動は、リスクがあるからです。

 

必ずしも相手が喜んでくれて幸せそうにしてくれるかはわかりません。

 

失敗したら、苦痛でしかありませんし、自信も粉々になってしまいます。

 

つまり、男性は出来れば相手に多くのものを与えたいと思っていますが、内心は極度に失敗を恐れているのです。

 

本当は誰しもみな、心の中では彼女や奥さんのヒーローでありたいのです(笑)

 

でも、パートナーが失望していたら、それはつまり自分の能力不足の証明となり、挫折感を味わうことになってしまう。

 

それはなんとか避けようとするのが男性です。

 

でも、時々とても女性の扱いが上手で愛情表現が得意な男性もいますよね?

 

あれは、親というモデルがパートナーを満足させる姿を見ているからです。

 

父親にできるなら俺にもできるな!と思えるわけです。

 

しかし、ほとんどの男性はそのような成功モデルを見ずに育ちます。

 

成功モデルを知らずに成功させる?

 

そんなのは、ケーキの作り方も知らないで見よう見まねの想像で作るようなものです!

 

免許持たずに、いきなりすごく重くて扱いにくい大型バイクに乗って山道を走るようなものです。

 

何が言いたいかというと、無謀でしかない。

 

そう、多くの男性は、その無謀なことをし続けているのです。

うまっぺ

小太郎、うま美とまた喧嘩しちゃったよ!困ったなぁ

小太郎

よし、じゃあうまっぺは男女の違いを知るところから始めるか!!


ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)

【要約】「ベストパートナーになるために」:恋愛がうまくいくために、男と女の違いを理解しよう その1

長く付き合っていると山あり谷ありですよね。

 

時には激しく喧嘩してしまうこともあるのではないでしょうか?

 

男性と女性の違いを知って、今の恋愛に活かしていきましょう!

 

まず女性の特徴として

 

・問題があったとき、感情移入を求めている

(ただ親身になって話を聞いてもらいたい)

 

・アドバイスよりもなぐさめがほしい生き物

 

・コミュニケーションや愛情、人間関係を大切にする

 

・教育委員長になろうとする

 

・ストレス対処方法は、その問題に対して話をすること

 

というものがあります。

 

一方、我々男性はといえば、

 

・基本的には一人で解決したい生き物。もし、問題について話をするのならそれはアドバイスを求めている

 

・自分のやっていることに口を挟んだり、訂正されることは好まない

 

・競争に勝ったり、難解な問題を乗り越えて目標を達成することを大切にする

 

・調停屋になろうとする

 

・ストレスの対処方法は、ストレスの種となっていることを解決すること

 

という特徴があります。

 

(※傾向としてです。すべてのものに必ず当てはまるというわけではありません。)

 

…どうでしょうか?

 

正反対にもほどがある!!

 

そうなんです。

 

僕たちは本当に正反対の生き物なんですよ。

 

前回も言っていて、何度もしつこく申し訳ありません。

 

男性と女性はまったく違う生き物というあまりにも当たり前のことを常に頭に入れておくことが、うまくいく秘訣です。

 

【要約】「ベストパートナーになるために」:恋愛がうまくいくために、男と女の違いを理解しよう その2

それでは、詳しくお伝え致します。

 

問題に対してのアプローチ方法が違う

 

女性は、なにか問題を抱えて悩んだときに「誰かに話をすること」で対処します。

 

解決方法を求めているのではありません。

 

ただ、親身に大切な人に話を聞いてもらいたいだけなのです。

 

男性の皆さん!奥様や彼女さんに相談や話をされたときに

 

あぁーそうなんだねぇ…でもさ、こう考えればいいんじゃないかな?こうすればうまくいくんじゃない?

 

とアドバイスをとにかくしてしまうことってないですか?

 

僕はもう本当に死ぬほどめちゃくちゃありました(笑)

 

どうなるか?

 

もちろん、妻は機嫌が悪くなる一方でした。

 

僕は男なので、アドバイスを求める以外に相談なんてしないのでついつい口を出してしまっていたのです。

 

では、男性はどうでしょう?

 

男性は、なにか問題を抱えて悩んだときに「自分の心の穴の中にこもり、問題を解決することに全神経を集中すること」で対処します。

 

自分のことでいっぱいっぱいになり、「ねぇ、話聞いてる!?」と言われてしまいます。

 

心ここにあらずです。

 

そこで、スポーツを見たり、趣味をしたりして、誰かに何かをしてもらうよりも、自分でリフレッシュしようとします。

 

女性の皆さん!

 

男性が悩んで自分の世界に引きこもっている状態の時に

 

どうしたの?何かあったの?話してよ!大丈夫?

 

とついつい、していませんか?

 

そうなると、男性からすると「頼むから一人にしてくれよ!!」となってしまいます。

 

僕たちは全然違う存在という大前提でしたよね?

 

なのに、まるで自分とまったく同じ生き物のようにお互い接していることに気づきませんか?

 

性質が違うと、ここまでストレスへの対処法が違うんです。

 

大切なのは、まさにお互いの違いを理解するこということです。(ずっと繰り返してすみません。)

【要約】「ベストパートナーになるために」:恋愛がうまくいくために、男と女の違いを理解しよう その3

女性は教育委員長になろうとする

 

女性は、相手の男性を人として成長させようと教育委員長になろうとしてしまいます。

 

うん…どういうこと?

 

実は、女性が話を聞いてもらえないと不満をこぼすのように、男性からは「相手が自分を変えようとしてくる」という不満を比較的多く耳にします。

 

男性が望んでいるのは立派な人物に変えられるのではなく、ありのままの自分を受け入れてもらうことなのです。

 

もともと男というのは、勝手に忠告されたり一方的にアドバイスされることを嫌います。

 

それは、自分一人で力ではなにもできないと見なされているように感じるからです。

 

つまり、自分の能力を信頼されていない、否定されていると感じてしまうんです。

 

しかし、女性は最愛の男性をよりいっそう成長させるために自分の力が必要だと誤解して愛情を与えようとします。

 

このすれ違いが男女間のいざこざになっていくのです。

 

男性は調停屋になろうとする

 

一方で男性は、調停屋になろうとします。

 

愛する人が悩みや不安があるときに、独りよがりの解決策やアドバスを与えてことを納めようとします。

 

女性は感情移入を望んでいて話を聞いて励ましてほしいのに、具体的な解決策を欲しがっていると勘違いして、ベラベラと余計なことを話します。

(僕もそうですが)

 

結果として、

 

「なにも話を聞いてくれていない!」と言われ

 

「え?俺はこんなに親身に話を聞いてアドバイスをしたのに…なんだよ話になんないな!」

 

とすれ違いが生まれるのです。

 

【要約】「ベストパートナーになるために」:恋愛がうまくいくために、男と女の違いを理解しよう その4

では、僕たちはどうしたらいいのでしょうか?

 

どのように相手を理解して関わっていけばよいのでしょうか?

 

まとめてみましょう。

 

僕たち男性は

 

女性に対して親身に話を聞いて「そうなんだね、大変だったね。でも大丈夫だよ。」と優しく接しましょう。

 

決して、アドバイスや解決策を求められてもいないのにつらつらと話すことはしないことが重要です!

 

大切なことは、話を聞くという表面的な態度をとればよいということではありません。

 

「私は愛されているんだ」と相手が実感できるかどうかが大切です。

 

なかなか簡単なことではないですが、女性は話を聞いてもらえることで安心できるということを頭にいれておけば、イライラすることもなくなるはずです。

 

女性は、

 

男性が穴にとじ込もってしまうとしても、それはあなたに対しての愛情がさめたからではないということを知っておきましょう。

 

相手が心ここにあらずという様子だったら、リラックスして穴から出てくるまでぐっと待ちましょう。

 

あなたの話を聞いてくれないのはあなたのことを大切に思っていないのではなく、今その余裕がないのです。

 

少し大きな心で見守ってくださいませ(笑)

 

男性が心ここにあらずのときは、わりきって買い物に行ったり、友人と遊んだり、趣味のことに取り組むなどするといいと思います♪

【要約】「ベストパートナーになるために」:まとめ

お互いの違いを知れば、お互いのことをもっと大切にできるはずです。

 

大切なことは、相手の立場になって、想像して関わることじゃないでしょうか。

 

愛する人といる時間は本当に大切なものです。

 

少しの努力で相手を知って、少しの努力でこのまとめのことを実行すればきっと二人の中はもっともっと深まるはずです。

 

「なんで?」ではなく、「そういうものなんだ!」と思いましょう。

 

長々とお伝えしましたが、僕も書かせていただいた「ベスト・パートナーになるために」を実行している途中です。

 

やはり余裕がないといつもいつもはできません。

 

でも、繰り返し繰り返し読んでパートナーのことを理解しようと思っています。

 

すべてのことが当てはまるわけではありません、あくまでこういった傾向があるということを忘れずに!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

おしまい!

 

 

こちらの記事もおすすめ!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA